虫歯のことを勉強してみましょう

皆さんが一度はきっと経験している、虫歯。しかし、虫歯の原因について知っている人は少ないのでは? このページでは虫歯の原因や進行段階とその症状についてお伝えします。

虫歯を招く4つの原因

4つの原因が重なりあうほど、虫歯になりやすくなります。

虫歯菌

口の中には数百種類の菌が存在し、この中の虫歯菌が虫歯の最大の原因です。

糖分

糖分は虫歯菌の栄養源。糖分を多く含んだ食べ物やお菓子ばかり食べていると虫歯になりやすくなります。

歯質

生まれつき歯質が弱い人は、虫歯になりやすいといわれています。

ブラッシングまでの時間

食事してから30分後に、虫歯菌が活発化するといわれています。

虫歯の進行段階とその症状

虫歯は進行性の病気。放っておいても自然に治ることはありません。気になる症状がある方は田園歯科クリニックまでお越しください。

進行段階 症状 治療法

C0
【ごく初期の虫歯】

C0【ごく初期の虫歯】

歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。

C1
【エナメル質の虫歯】

C1【エナメル質の虫歯】

歯の表面のエナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。

C2
【象牙質の虫歯】

C2【象牙質の虫歯】

エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。

C3
【神経まで達した虫歯】

C3【神経まで達した虫歯】

神経まで虫歯が進行した状態。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。

C4
【歯根まで達した虫歯】

C4【歯根まで達した虫歯】

歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。神経が死に、痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

院長のワンポイントアドバイス

虫歯菌に冒された部分は削らなくてはいけませんが、当院は削る量を減らすためにドッグベストセメントという薬を使った治療を行っています。痛みも少ないのでご安心ください。

虫歯にならないためには、毎日の予防が大切になります。

  • ページの先頭へ戻る