気づかないだけで
かかっている?
~歯周病~

歯周病は国民病。
あなたもかかっているかも
しれません

歯周病は国民病。あなたもかかっているかもしれません

歯周病は成人の約8割が患者もしくは予備軍といわれ、今や国民病となっています。虫歯と違って進行しても強い痛みをともなわないため、気づかずに生活されている方もたくさんいらっしゃいます。
歯周病にも症状はあります。初期の症状は歯ぐきの炎症や出血。歯ぐきの腫れが気になったり、ブラッシング時や食事中に血が出たりしたら歯周病の疑いがあります。炎症や出血を放置して進行すると、顎の骨が溶けて歯が抜け落ちてしまうこともありますので、もしかして……?と思ったら、当院までご相談ください。

歯周病の悪影響は全身にも
およぶことがあります

歯周病の悪影響は全身にもおよぶことがあります

歯周病が悪影響をおよぼす範囲は口だけではありません。歯周病菌が血管を介して体内に運ばれると全身に深刻な悪影響をおよぼします。口だけの病気だから大丈夫と思わず、歯ぐきの腫れや出血が見られたら、当院までお越しください。

全身への悪影響
心臓疾患、肺炎、腎臓病、動脈硬化、関節炎、低体重児出産、早産   など

院長のワンポイント
アドバイス

院長のワンポイントアドバイス

虫歯や歯周病は感染症なのでうつる病気です。キス、せき、くしゃみ、回し飲みなどで感染することがありますから、歯周病と診断された場合には、ご家族にも歯周病検査を受けていただくことをお勧めします。