歯周病は国民病。あなたもかかっているかもしれません

歯周病は成人の約8割が患者もしくは予備軍といわれ、今や国民病となっています。虫歯と違って進行しても強い痛みをともなわないため、気づかずに生活されている方もたくさんいらっしゃいます。

とはいえ、歯周病にも症状はあります。初期の症状は歯ぐきの炎症や出血。歯ぐきの腫れが気になったり、ブラッシング時や食事中に血が出たりしたら歯周病の疑いがあります。炎症や出血を放置して進行すると、顎の骨が溶けて歯が抜け落ちてしまうこともありますので、もしかして……?と思ったら、当院までご相談ください。

歯周病の悪影響は全身にもおよぶことがあります

歯周病が悪影響をおよぼす範囲は口だけではありません。歯周病菌が血管を介して体内に運ばれると全身に深刻な悪影響をおよぼします。口だけの病気だから大丈夫と思わず、歯ぐきの腫れや出血が見られたら、当院までお越しください。

【全身への悪影響】

心臓疾患、肺炎、腎臓病、動脈硬化、関節炎、低体重児出産、早産など

治療方法紹介

従来の方法では、ブラッシング指導や歯石除去が中心になります。しかし、症状が進行していくと、歯肉の腫れがなかなか引かず、最悪、歯を失うということにもなりかねません。

また、一度、症状が改善されても、しばらくして再発することもあります。外科的な処置を繰り返せば、当然患者さんにも大きな負担がかかってしまいます。当院では、患者さんの精神的、肉体的な負担を軽減するため、歯周内科治療に力を入れています。

歯周内科治療

当院では薬を使った治療(歯周内科)を行っています。

Step01 位相差顕微鏡による菌の確認

口の中の歯垢(プラーク)を取り除き、顕微鏡で菌を確認します。

Step02 細菌の除去薬剤の内服

内服薬により歯周病菌を除菌します。

Step03 カビの除菌剤あるいはカビとり歯磨き剤での歯磨き

Step04 除菌後の歯石取り

治療後も定期的にメンテナンスをすることが重要です。

※歯周内科治療は約5%の方には効果がない場合があります。

  • ヘビースモーカーの方
  • 重度の歯周疾患の方

※歯周内科治療が受けられない方

  • 妊娠中や授乳中の方
  • 職業上、再感染がさけられない方(風俗など)
  • 治療薬にアレルギーのある方
  • 白血病などの血液疾患の方
  • 重度の糖尿病の方

※飲み合わせに注意が必要な薬

  • 制酸剤
  • ワーファリン
  • シクロスポリン

【歯周内科治療費】
基本検査 位相差顕微鏡検査 口腔内写真 パノラマレントゲン写真
薬代 歯のクリーニング 歯ブラシ

28,000円(税抜)
※歯周内科治療は保険外診療になります。

PDT(photo dynamic therapy)治療

PDT治療とは?

◆PDT(photo dynamic therapy)は光線力学療法と呼ばれる薬を使わない光による殺菌システムです。

歯周病の現状

歯周病の現状

25歳以上の約80%の人が歯周病と言われています。
歯周病は歯茎や骨に大きなダメージを与えるため、進行すると歯が抜け落ちてしまいます。


人のロの中には約500種類以上の細菌が生息しています。
その中の数種類の菌が歯周病を引さ起こし炎症が起こり始めます。従来、歯周病菌に対する処置法は抗生物質の投与が一般的でした。しかし、抗生物質は細菌に対し非常に有効ですが、長期使用により耐性菌が産生され、あまり効かなくなってしまうのです。


PDT治療の特徴

耐性菌増加問題
耐性菌増加問題
抗生物質の発明以来、多数の耐性菌が
体内に産生され現在問題になっています。

  • 薬を一切使用しない
  • 耐性菌が発生しない
  • 副作用が起こりにくい
  • 全く痛みを伴わない
  • 手軽に何回でも処置できる

PDT治療の原理

PDT治療の原理

バイオジェルと呼ばれる染色液で歯周病菌を染めます。
このバイオジェルは光感受性物質と言い、光を吸収すると化学反応が起こり活性酸素を大量に発生させる事が出来ます。
この生体に安全な活性酸素(一重項酸素)は細菌を殺す特徴があります。

PDT治療の流れ

当院ではPDT治療に「ペリオウェイブ」システムを使用しています。ペリオウェイブは人体に安全で、熟による侵襲も無く痛みを伴いません。

①バイオジェルを歯周ポケットに注入

①バイオジェルを歯周ポケットに注入


②無熱レーザーを1分間照射

②無熱レーザーを1分間照射


③死滅した菌を洗浄

③死滅した菌を洗浄


«治療例»

治療例

ほとんどの場合、1回~3回の処置で改善します。
改善後も予防の為に6ヶ月おきの受診をお奨めします。

※治療回数には個人差があります

「ペリオウェイブ」システムでは
感染対策のため一人一人の患者様に
専用のバイオジェルを使用しています。

「ペリオウェイブ」システムでは感染対策のため一人一人の患者様に専用のバイオジェルを使用しています。

適応症

「ペリオウェイブ」システムでは感染対策のため一人一人の患者様に専用のバイオジェルを使用しています。

  • 歯肉炎、歯周炎
  • 根管治療
  • インプラント周囲炎
  • ヘルペス
  • 口内炎
  • カンジダ症

禁忌症

  • 無カタラーゼ症の方
  • 光感受性発作のある方

保険適応外のため自費診療になります。詳しくはスタッフまでおたずね下さい。
保険適応外のため自費診療になります。
詳しくはスタッフまでおたずね下さい。

保険適応外のため自費診療になります。詳しくはスタッフまでおたずね下さい。


PDT治療はさまざまな処置に応用できます

インプラントのメンテナンスに有効です。

PDT治療はさまざまな処置に応用できます


自分の歯と同じようにインプラントにも歯周病菌は発生してしまいます。
せつかく埋めたインプラントもメインテナンスを怠ると周りの骨が溶けてしまい抜けてしまうことがあります。
一生使い続けるため定期的にPDT治療によるクリーニングをしましよう。

矯正中の歯周病治療に。


矯正中の歯周病治療に。

矯正治療でワイヤーを装着中は、ブラッシングが行き届きにくくなり歯肉炎等の症状が出ることがあります。
定期的なPDT治療で衛生的な口腔内環境を保ちましよう。

治療費

3,000円(税抜)

院長のワンポイントアドバイス

虫歯や歯周病は感染症なのでうつる病気なのです。キス、せき、くしゃみ、回し飲みなどで感染することがありますから、一度ご主人様(奥様)にも検査を受けていただいたほうがいいでしょう。

歯周病にならないためには、日々の予防が大事となります。

  • ページの先頭へ戻る