目立たない矯正
「インビザライン」
~マウスピース矯正~

矯正装置の見た目が
気になる方へ
~目立たない矯正・
インビザライン~

矯正装置の見た目が気になる方へ

小田急線中央林間駅から徒歩30秒、田園都市線中央林間駅からも徒歩2分、土日祝日も診療を行っている歯医者・矯正歯科「田園歯科クリニック」では、透明で目立たないマウスピース型の矯正装置を用いる「インビザライン」矯正治療を行っています。

透明でほとんど見えないマウスピースによる矯正治療

歯並びを綺麗に矯正したいけれど、ワイヤーやブラケットが目立つのが嫌でなかなか決心がつかない…という方は多いと思います。でも、「インビザライン」のマウスピース矯正なら、無色透明で矯正装置がほとんど見えないので、お仕事や学校、デートの時でも、見た目が全く気になりません。周りの人に気づかれずに矯正治療を受けたい人にもおすすめです。 ここでは、田園歯科クリニックで行っている目立たない矯正「インビザライン」について詳しくご紹介します。

透明でほとんど見えないマウスピースによる矯正治療

透明でほとんど見えないマウスピースによる矯正治療

歯並びの矯正治療と言えば、金属のワイヤーとブラケットを歯に取り付けるワイヤー矯正をイメージされる方が大多数だと思います。凸凹の歯並びが気になっているけれど、ワイヤー矯正はとても目立つので、今まで矯正治療に踏み切れなかったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。食事の際、矯正装置に食べ物がひっかかってしまったり、歯ブラシやフロスがしづらかったり、矯正治療中の不便さを心配されている方も多いと思います。

透明でほとんど見えないマウスピースによる矯正治療

インビザラインは、「歯並びを矯正していることを知られたくない……」「治療中も食事を思いっきり楽しみたい」「いつも歯を綺麗に磨きたい」という方にぴったりのマウスピース型矯正装置を使用する治療方法です。最初の精密検査で採取する患者様の歯型から、コンピューターソフトを用いて3Dのクリンチェック治療計画を作成、この計画に基づいて作成するマウスピースを10日間~2週間ごと新しいものに次々と交換していくことで、目標とする歯並びへ歯を動かしていきます。 インビザラインのマウスピースは薄い透明のプラスチック製で、歯にはめていても目立たず、矯正していることを周りの人に知られずに治療を進めることができます。実際、当院の患者様でも、自分から言わない限り、矯正していることに気付かれなかったという方がほとんどです。また、取り外しができるので、食事や歯磨きの時には、マウスピースを外して今まで通りに食事や歯磨きをすることができます。金属アレルギーの心配もありません。金属製のワイヤーを使った矯正装置にあまり良いイメージを持っていなかった方から、選ばれている矯正治療です。

こんな方におすすめ!
  • 矯正装置の見た目が気になって今まで矯正治療をあきらめていた方
  • 金属アレルギーが心配な方
  • 矯正中の歯磨き(口腔内ケア)に自信がない方

インビザライン矯正のメリット

メリット1:無色透明でほとんど見えない

メリット1:無色透明でほとんど見えない

マウスピース型の矯正装置は無色透明なので、自分から言わない限り、まわりの人から気づかれることはまずありません。見た目を気にせずに、矯正治療を行うことができます。

メリット2:発音や口内炎も心配なし

メリット2:発音や口内炎も心配なし

マウスピースは厚さ0.5mm以下の非常に薄い素材で、歯全体を覆ってぴったりとフィットするため、話をする際の発音にも違和感が生じにくく、また、金属の矯正装置がお口の中を傷付けて、口内炎になる心配はほとんどありません。

メリット3:今まで通り食事を楽しめる

メリット3:今まで通り食事を楽しめる

ワイヤー矯正をしていると、食事中、矯正装置に食べ物が挟まりやすい欠点があり、特に人前では、気を使わなくてはなりません。インビザライン矯正の場合は、食事の前にマウスピースを取り外すので矯正治療前と変わらず食事を楽しむことができます。

メリット4:歯磨きがしやすい

メリット4:歯磨きがしやすい

インビザライン矯正のマウスピースは取り外しができるので、矯正治療前と同じように歯磨きをして、デンタルフロスもすることができます。矯正治療中のケアに自信がない方にもおすすめです。

メリット5:歯の動きをシミュレーションできる

メリット5:歯の動きをシミュレーションできる

精密検査の結果をもとにコンピューターを用いて、治療開始から終了までの「クリンチェック」治療計画を作成します。3Dシミュレーションで、歯がどのように動いて綺麗な歯並びになっていくのか、ご自身の目でご確認いただいてから、矯正治療を開始するかどうかを決めて頂くことができます。

インビザラインと他のマウスピース矯正の違い

矯正装置 インビザライン矯正 他のマウスピース矯正
治療の正確性 全世界の臨床データに基づく
高度な治療計画
技工士の手作業により
バラつきが生じやすい
歯型の採取 初回検査1回のみ 各治療段階で採取が必要
通院回数 少ない
(2~3ヶ月に1回)
多い
(3~4週間に1回)
治療期間・料金 検査後の治療計画で決定 治療が終わるまで決まらない

全世界で治療が行われている矯正治療インビザライン

透明でほとんど見えないマウスピースによる矯正治療

アメリカのアライン・テクノロジー社が開発した「インビザライン」は、1997年の登場以来、米国やヨーロッパ諸国を中心に、45ヶ国以上の国で実施されている矯正治療です。これまでにインビザラインで矯正治療を受けた患者数は全世界で500万人を超えました(2017年12月末現在)。アメリカにおいては、国民の約8割がインビザラインを認知しているというデータをアライン・テクノロジー社が公表しています。

患者様のアンケート(米)

アメリカで実施した患者様向けアンケートでは87%の方が治療に満足していて、ほかの人にも薦めたいという極めて高い評価を得ています。

  • 患者様のアンケート(米)

    インビザラインの治療に「極めて満足」、もしくは「非常に満足」と回答した患者様の比率

  • 患者様のアンケート(米)

    インビザラインを知人に「間違いなく薦める」、もしくは「薦める可能性が高い」と回答した患者様の比率

矯正専門医のワンポイント
アドバイス

矯正専門医のワンポイントアドバイス

中央林間の歯医者「田園歯科クリニック」は、マウスピース矯正インビザラインを専門とし日本トップクラスの治療実績を有する「銀座クリアデンタル」と提携して、インビザラインを用いた矯正治療を行っております。矯正治療は歯科の診療内容の中でも専門性の高い分野ですので、インビザラインを用いたマウスピース矯正は、専門知識と臨床経験が豊富な専門医に是非ご相談下さい。